当面の目標が見つかった今日この頃。このブログを通じて、成長の軌跡をレポートできればと思います。


by hiromasa825
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2009年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

セント・オブ・ウーマン

b0149197_14272891.jpg


時間があるときは、だいたい映画をみたりしますが、普段から自分でもけっこうDVDレンタルするし、まわりの人にすすめられた作品も観ているので、「これはいいな!」と思えるものが少なくなってきているかもしれません。

そんな中、最近の”当たり作品”として、これを紹介したいと思います。

『セント・オブ・ウーマン』という映画です。

1992年の作品なので、見たことある人はたくさんいるかもしれませんね。主演のアル・パチーノはこの作品でアカデミー主演男優賞を取りました。

あらすじは・・・
主人公のチャーリーはアルバイトで、ある家の留守中に、その家のおじさん(フランク)の世話をすることになったが、そのおじさんは退役軍人で、とても横暴な感じの人。チャーリーは最初、そんなフランクの素行に戸惑うも、徐々に男同士の友情に目覚めていき、人生まで変わってしまうといったストーリーです。


b0149197_14381660.jpg



この映画の醍醐味は、人生で大切なことは何か?という問いに答えようとしていることかなと思います。その答えはぜひ映画を実際にみてください。

またアルパチーノが演じる盲目の軍人の演技もすばらしく、中盤に出てくるタンゴの踊りも必見。この踊りがあることで、映画が途中でぐっと引き締まっているように思います。

いい映画を観ると、あったかい気持ちになりますね。
[PR]
by hiromasa825 | 2009-09-27 14:49 | 映画の紹介
ここ最近は、いろんなところに行ってきました。写真が貯まってきたので、ブログにアップしておきます。

まずは人生初のブルーマン!いつから始まったのか、とうとう11月29日に千秋楽らしい。これが日本で見られる最後になりそう。

もちろん写真、動画撮影禁止なので、あまり全貌が知られていないブルーマンですが、実はyoutubeとかにあがっているらしいです。(楽しさが半減するので、見ないで行きましたが。)

当日は、2,3列目のなかなかの”特等席”に座ることができたので、あの青いペンキ?みたいなやつが飛んでくるらしく、入場前に、カッパみたいなものを配られました。ブルーマンは本当に目の前の場所で、贅沢でした。会場内はファミリーやカップルがほとんどです。

ブルーマンは、まったくしゃべらない3人組が、笑いの要素を交えて、いろんな”芸”を披露してくれるのですが、すごかったです!すべての芸が熟練されていて、息もぴったり。

普段、日本では見れないパフォーマンスを堪能できましたし、日本的な感じじゃないので、なんだか新鮮。

終わってから、写真撮影会があったのですが、ブルーマンは大人気で、唯一取れた写真がこれ!
(ブルーマンは終始、無表情です。絶対笑ったりしないんです。)

**

で、翌週は高校時代の友人と2人で釣りに行ってきました。2人でレンタカー借りて。前日飲みすぎて、寝坊してしまいましたが。朝7時過ぎに出発です。

目指すは千葉!

釣りを開始したのは9時過ぎですが、早速イワシが大量に釣れました。


b0149197_10442291.jpg


その他、アジやイチモチが結構つれたので、2時には納竿。
地元のおっちゃんに「兄ちゃんこれあげる!」とサバももらったので、かなり大量、大量。(がっはっはっ)


b0149197_10464760.jpg


帰ったら、早速調理開始!!

イワシは天婦羅に、アジはたたきに、イシモチは塩焼きに、さばは煮付けに、と一気にやっちゃいました。

イワシを真剣な眼差しで揚げる2人↓(と思いきや、既に飲みながらですw)


b0149197_1050499.jpg


b0149197_1051635.jpg



どれも絶品でした。特に、イワシの天婦羅はめちゃめちゃお酒に合う!ほとんど挙げながら、その場で塩だけかけて食べてました。

この日は、とっても日差しが強く(日焼け止めを塗ってなかったので)、足がえらいことになっちゃいました。(足の甲が、履いてたサンダルの形に変色。ちょっと分かりにくいか。。)



b0149197_1053247.jpg


[PR]
by hiromasa825 | 2009-09-10 10:58 | 週末の観光・遊び

たまには大自然で

ひさしぶりに2週連続でかなり遠出してきました。

先週は千葉に釣りに、そして昨日まで1泊で栃木の那須高原へ。そういう大自然の中で、ゆったり過ごしてると、人間色々考えるものです。

それこそ、「これから人生どうしようかな?」とか、「こういうのやったら自分は面白がってやるんじゃないか」とか、ない知恵絞って、創造力をめいっぱい働かせて考えるのですよ。

普段、仕事に忙しいし、サラリーマンだと刺激が少なくなりがちなので、こういうフリーな環境を活かして今回もいろいろ考えてきました。

学生時代と違って、かなり現実的に考えれるのが社会人のいいとこですが、その分、視野がせまくなりがちなので、ストレッチできる環境を作り出すことは大事です。

すると、自分は本質的に何を望んでいるのか?を考えることに行き着くわけですが、自分の場合は次の3つかなあと思いました。

1.お金の呪縛から離れたいということ。

お金のことが気になる自分から早く離れたい。これがまず最初です。そのためには、ある程度の収入は必要ですが、それはある程度の収入でいいのです。目の前に、急に100億円が現れても、絶対使えませんw。でも家庭を支えて、リスクに対する備えくらいの収入は必要です。あとは自分のお小遣いがちょっとあればいいです。

お金で買えるものって、機会であって、結果ではありません。お金で幸福めいたものは買えますが、買ったのは幸福ではないのですよ。それで自己満足できる人間もいるでしょうが、自分はそうなりたくないですね。

幸福は、自分のココロが生み出すものですね、たぶん。

2.仕事を極めていくこと

根幹にあるのは、「イヤイヤ仕事をするのが、本当にイヤ」だということです。絶対に仕事には前向きに取り組みたいし、愚痴なんていいたくないです。自分の好きなものやりたいことや楽しいことをやっていない場合は、成果がおそらくは大して上がらない、もしくはそこそこだと思います。寝ずに働けない仕事は、それは好きではないのだと思います。

でも、今の仕事はベースだと考えています。はっきり言っちゃうと、寝ないで働くのは無理です(笑)それは自分が今の仕事を心から好きではないのだと思います。でも、将来好きな仕事をするために不可欠、というか避けては通れないスキルを磨いているなとは思います。こういうのは、今できなかったら将来もできないし、いまやっとくかーという感じです。そういうのを次の職場で教えてくれる人がいるとも限りません。だったらここで学んでおくかと。

もちろん、それが将来に役立つ保証はないです。誰もわかりっこないです、そんなもん。でも、将来役立つことを信じて仕事できてない人はその時間自体が無駄だし、一方で、役立つと信じている人は有用なのだと思います。あーやこーや口出す人もいると思いますが、客観的な指標だけじゃないと思っています。

要は、信じれるか、信じれないかの問題です。ジョブスが、点と点をつないで、線にしなさいと言いましたが、それは想像力を持ちなさい、ということだと勝手に解釈しています。

想像力を駆使すれば、それは信じる、という境地に通じるんでしょうね。

3.人を尊重できる人間になること。

他人だろうと、身内だろうと人を否定したくありません。だから僕も人は尊重しますよ、基本的に。どんな無謀な人でも、だいたいは尊重します。自分の価値観は自分の仕事にだけ込める人間でありたいですね。人を否定するために使いたくありません。

そして、人を尊重できるときに、人との付き合い方やその人との距離感がわかって、興味が持てるってこともあるのだと思います。興味が持てれば、その人を自分なりに助けてあげようと思えるし、それが赤の他人であっても好意的な態度につながるんだと思います。

いまはそれがまだ足りません。小さい損得にとらわれている自分がいるんですね。よわっちー。そういう優しさを自然と出せる人間になりたいものですね。

自分だけ得をしようと思っちゃいけませんね。
[PR]
by hiromasa825 | 2009-09-07 21:10 |