当面の目標が見つかった今日この頃。このブログを通じて、成長の軌跡をレポートできればと思います。


by hiromasa825
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2009年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

サングリア

合格力 仕事や勉強の「正念場」で発揮する力

井上 幸治 / 翔泳社

スコア:



よく読んでいるブログの著者が本を出版したと聞いて、早速購入したら、思いのほか面白かったのでご紹介。合格力、というタイトルながら、資格の本ではなく、人生において大切なことが、いっぱい詰まっているような気がします。

例えば・・・
短期でも長期でも良いので、目標をまずは決める大切さ。そして、それに向けて一つ一つハードルを越えていくことが、一番の近道であること。ショートカットは手段であり、目的ではないので、目標がまずありき。目標をブレイクダウンして、やるべきことを出していき、自分ひとりではできないことは外部の助け(勉強会や友人など)を得ようとすること。それでしか、目標は達成できないし、ある日突然目標が降ってくる?ことはないとのこと。

たしかに、目的や目標のない人から、『私は何すればいいですか?』・・なんて聞かれても、助けてあげようと周囲の人は思えないよね。まずあんた自分で考えてみたの?となるし。たしかにたしかに(冷汗)。

またロジックを鍛えるためにどうすればいいか?ということに対しては、『ナンデ?』に加えて、『ダカラナニ?』と追い討ちで、自分に問いかけること。自分に対する問いかけというものは甘くなりがちですが、自分も気をつけねばと。

また、自分が何かにチャレンジや挑戦する時に
折に触れて読み返したい。そんな本です。

***

日曜はサングリアを初めてつくりました。↓


b0149197_15133153.jpg



基本的に、果物と赤ワインと砂糖さえあれば、誰でも作れそうです。めちゃめちゃ簡単です。飲んでみたら、自分で作ったのもあり、結構美味しかった(笑)。味を決めるのは、ワインでなく、実は”果物”のほうです。ワインはメルシャンの安いやつで十分。

次回は、果物のバリエーションを増やし、さらにハチミツを入れてみようかと思います。

あと、出来上がったサングリアは、数日は保管できますが、3日以上経つと、果物の苦味が出るらしい。なので早速、今日帰ったら煮込んでジャムにしようかと思っています。
[PR]
by hiromasa825 | 2009-05-25 15:21 | 本の紹介

P.S. アイラヴユー

b0149197_0493483.jpg


(C) 2007 CUPID DISTRIBUTION LLC

突然、最愛の夫を亡くし、悲嘆に暮れる女性の元に、
夫から手紙が届くという物語。

映画の展開がゆったりだが、たまにはこんな映画もいいかも。

題材となっているストーリーと、アイルランドの自然が素晴らしかった。
俳優たちが、総じて好演で、笑いあり、涙あり、なカンジです。

いちいち小さいなことにひっかからないように見るのがオススメ(笑)
[PR]
by hiromasa825 | 2009-05-18 01:01 | 映画の紹介

GOEMON

土曜日は、お昼にプールに行って1時間泳ぎました。
今からの季節はいいですね。最近は週1、2回ペースで行ってます。

その後は、焼肉を食べに渋谷へ。
渋谷のとんちゃんは今回で2回目。

韓国風の焼肉で、店員さんもみんな韓国の人です。

とんちゃん渋谷店

なんたって、めちゃめちゃ美味しくて、安いのがGOOD!


b0149197_2135760.jpg


このお店の一番の”売り”は三枚バラ肉!こんな感じでめちゃでっかくて分厚いっ。


b0149197_2154944.jpgb0149197_2181124.jpg


それを、もやし、キムチ、ねぎなどを巻いて、タレはごま油・みそで。
最後にサニーレタスに巻いて、さあ召し上がれ。
b0149197_2184755.jpg



サイドメニューをつけて、お酒を飲んで一人、2500円くらいで済みました。
渋谷駅から近いし、いいですよ。

ただし、土曜日は18時を過ぎると並ぶので、
早めに食べて、帰りに買い物するくらいがおススメです。

********


日曜日はいま話題のGOEMONを見に行ってきました。

今日は、天気が良かったので、新宿まで20分くらい歩いていきました。
途中暑すぎて、マンゴーフラペチーノを食べながら。



b0149197_21164775.jpg

[c]2009「GOEMON」パートナーズ

感想は・・
よく世間では、「史実と違う」とか「CGがしょぼい」とか言ってますが、
僕はけっこう好きでしたよ

紀里谷監督もそんなこと分かっていたでしょうしね。
分かってて、史実と違う映画を自分なりの解釈で作ったんですよね

でも、それは脚本の自由であって、それで観客を
エンターテインできればええと思ったんではないでしょうか

(先週見た、レッドクリフⅡに比べると、CGの質や作品としての
 メッセージ性はやはり弱いです。芸術作品としての映画、という
 観点で見ると、ジョンウーの方が、プロ意識があります。)

まあでも、期待をしなければ、かなり楽しめると思います。

僕は、史実と違うところが、”逆に”歴史にロマンを感じれて良かったです。
ああー、そういう風に考えても、面白いかもな、と。

監督も、楽しみながらこの映画を作ったのが、なんとなく分かりました
まだ見てない人は、見てみてください。
[PR]
by hiromasa825 | 2009-05-10 21:27 | 映画の紹介

人を喜ばせるということ

人を喜ばせるということ―だからサプライズがやめられない (中公新書ラクレ)

小山 薫堂 / 中央公論新社

スコア:



今まで人にやったサプライズって何だろう?

日本人ってあんまりサプライズってやらないよね。なんか恥ずかしいというか、迷惑かけたらどうしよう、みたいな。

例えば、いきなりお花を買って持って行ったりとか、ケーキの中から指輪が!みたいなサプライズって、なかなかやらない、というか普通の日本人は、”できない”。

そんな、石田純一レベルじゃないとやらなそうなサプライズを、
過去に友達や同僚や先輩にやったものをぜんぶ集めたのが、本書です。

ちなみに本書の著者は、あの
映画「おくりびと」の脚本家の小山薫堂さん。

こういうサプライズを日常に取り入れて、実行する。
で、そのサプライズの準備段階(プロセス)は自身も楽しむ。

自分もそんな大人になれたら素敵だな、なんて思いました。
ちょっと笑えて、そして、何だか大切なものを思い出させてくれる。

そんな素敵な本でした。

本書から引用
  究極の企画というのは、

  「自分の人生をいかに楽しくするか」
  
  「いかに自分が幸せな気分で生きることができるか」。

  それを乗り切る手段を、企画と呼びたい


***

最近、家の近くで美味しいランチのお店を発見!
FUNGO DINING


なんといっても、コストパフォーマンスがいい!前菜やパンはプレートに乗せ放題。そしてメインディッシュ(パスタやお肉)が付いて、飲み物込みで1000円なり。

そしてお店の雰囲気もけっこう、好きな感じです。


b0149197_18543629.jpg


b0149197_18553261.jpg



初めて行ったのに、はまって、2週連続で行ってしまった。
現在、新居周辺のお店を開拓中です。


**

あたりまえのことをバカになってちゃんとやる

小宮 一慶 / サンマーク出版

スコア:


[PR]
by hiromasa825 | 2009-05-08 19:09 | 本の紹介