当面の目標が見つかった今日この頃。このブログを通じて、成長の軌跡をレポートできればと思います。


by hiromasa825
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2008年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

b0149197_13313640.jpg


『戦略プロフェッショナルの心得』
-ビジネスの現場で、理論だけの戦略が実行できない理由-

永井 孝尚 (著)

示唆に溢れる書籍というものに出会えるのは、本当に少ないが、この本はその中に数えられる本になった。著書自身、日本IBMのソフトウェア事業部で活躍されている方で、自らの経験に根ざして書いているので、世の中の多くのビジネスパーソンにとって、実務に役立つ書籍になると思われる。マーケティングの基本、昨今のトレンド・理論、そして実務の3つが要領よく学べる本になっている。

最初に、この本のターゲットが書かれている点も良いのだが、
僕自身はこれを読んで以下の3つのターゲットにおすすめする。

 ■ マーケティング活動に従事する人
 ■ 単なる営業マン以上の価値を、自社に提供したいと望む人
 ■ 将来事業会社で働くことを志望する学生、起業家を志す学生

3つ目に学生としているのは、著者と同様であるが、マーケティングの基本と実務がうまく織り込まれている本書籍を読むことで、理論と実践の乖離を認識できるからだ。逆に言うと、学生が読んで分からない点が、実務であり、社会に出て経験を積まないと分からない点だ。もっというと、これを読んでちんぷんかんぷんの部分(or肌感覚で理解しずらい部分)がある現役ビジネスパーソンは、要勉強ということだろう。

書籍の一部がネットでも公開されているので、ぜひこちらも読んでみてからでも良いと思う。
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0809/18/news005.html




キャリアプランについても一部イチローの例などを引き合いに出されているが、紙面の都合なのか、あますことなく展開されているという感じではないのが残念だったので、ぜひ次は著者のキャリアに関する考えも聞いてみたいと思った。

この本が売れて、次回作で展開されることを祈りたい。

********

日曜は、先輩が松屋銀座で期間販売で販売しているというので行ってきた。ラグジュアリーアロマというらしいが、キャンドルとして使った後に、体に塗れるというもの。自分はほとんど使わないと思うがせっかくだからと彼女に購入。香りがたくさんあるし、このコンセプトが面白いですね。贈り物にはとても良いと思った。http://www.luxuryaroma.jp/

その後は、映画へ。
会社の先輩に紹介してもらった映画をさっそく見に行ってきた。
b0149197_13542013.jpg


『パコと魔法の絵本』

* 監督・脚本 : 中島哲也
* 原作 : 後藤ひろひと
* 出演 : 役所広司 、 アヤカ・ウィルソン 、 妻夫木聡 、 土屋アンナ 、 阿部サダヲ 、
        加瀬亮 、 小池栄子 、 劇団ひとり 、 山内圭哉


下妻物語や嫌われ松子の一生、をつくった中島哲也監督による作品。内容は笑いと泣きだが、全体的にとても好感の持てる作品だった。役所広司のセリフ(←やっぱり貫禄あるな)と山内圭哉というヤクザ役の演技が良かった。あとはアヤカ・ウィルソン、かわいすぎ。映画館で見るのは1年ぶりだったが、ところどころ監督のメッセージが感じられる作品で面白かった。

帰りは、ラーメン屋へ。
東京で美味しい味噌ラーメンってあまり聞かないが、俺はここのが好きです。近くに寄ったらぜひどうぞ。http://r.tabelog.com/tokyo/rstdtl/13036154/

***

いつも応援ありがとうございます!
(人気ブログランキング)
    ↓        ↓   

http://blog.with2.net/link.php?703891

[PR]
by hiromasa825 | 2008-09-29 14:06 | 今日の所感
ベンチャー企業は規模が小さく、会社運営を俯瞰するのが容易。一方で大企業は、組織が大きく、事業も多岐に渡り、会社の仕組みを把握するのが難しい。そんなことが世間一般的には言える。またマネジメントに目を移すと、ベンチャー企業のマネジメントは、些細なことに時間を取られ可能性がある。大企業のマネジメントは、組織間調整や利害調整が大変そう。

個人の力量を磨くなら、その能力を伸張させたい方向性にもよるが、ベンチャー企業におけるスキル向上というのは、かなり意思に任されるような気がする。やりことが出来る反面、マネジメントがしっかりしていないと、やりたいこと以外の雑用や制度作りに時間を取られる可能性もある。

一方で、大企業や既に仕組みができている伝統企業などでは、自分のスキル向上は、ある程度組織が前例に沿って、導いてくれる。すべてにおいて前例が用意されているから、今のあなたはここら辺にいます、という具合に指摘も適切。これが所謂、”レールが敷かれている”というのだろう。2年目は~をやって、3年目は~をやって、とおおかたその企業での成長ストーリーが決まっていて、それに乗り遅れないことが一つの要所となる。

ベンチャーに行くなら、マネジメントを上がしっかりやってくれる会社に行くというのは、とても大切なポイントだと思う。ベンチャーはその脆弱な体質ゆえ、自らを大きく見せようとするので、学生や中途採用者に対しても、魅力的に自らを語るのが好きだ。いまそのベンチャーがブランド力で大企業に負けないためには、魅力的に自らを装飾するのは当たり前だ。だから、ベンチャーを選ぶ場合は、自分の目で、その企業のマネジメント層が本当に実力のある企業かどうかを確認する必要がある。

僕自身は、大企業出身でないので分からないが、おそらく大企業の魅力は、その教育体制と自らが関わる事業規模的な大きさだ。この2点はベンチャーと比較すると格段に大きい。それを活かした、自分の磨き方やキャリア設計をすることが大事だし、今の環境における恵まれていることをしっかり享受する意識が大切。その反面、自分の企業内での位置づけをしっかり確認する手段を持たないと、歯車化している自分の存在との葛藤が出てくるので、例えば、せっかく従業員規模も大きいんだから、その企業内で活躍している人や尊敬する先輩を早く見つけて、そこを目指すという働き方もできる。そうすれば日々の業務も少しは充実してくるかもしれない。

個人的には、自分がいま所属する組織は良くも悪くもベンチャー企業だと認識しつつも、少しベンチャー体質からは離れてきて、インフラが強固になってきていると思われる。ビジネスパーソンは、その会社で働く意味を見つけられなくなったら、転職や退職というキーワードが浮かんでくるんだろうが、自分自身もいまここで働いていることの意味をしっかり見出しながら、小さい規模の会社でで働いているメリットやあらゆる機会を活かす意識で働かなければ、と思う。

最後に、ベンチャーと大企業という二元論で語れない部分もあるだろうが、その両者に共通することとして、常に次を次を考えて、何かを描く努力をすることに加えて、それにむけた投資対象(自分の時間をどこに割き何を身に付けるのか)を認識しないと、どちらも明るい未来(ここでいうのは個人の未来)はやってこない。でも、それは今日からの自分の心がけと行動次第だということなんだろう。
[PR]
by hiromasa825 | 2008-09-26 10:34 | 今日の所感

秋分の日の浅草

浅草はこれで3回目になるが今回は鰻(うなぎ)目当てで行って来た。
浅草といえば、どじょうのイメージも強いが、鰻屋もたくさんある。

まあでも、その前にせっかく浅草に来たのだからと浅草寺にお参り。
仲見世通りをてくてく歩いて、浅草の雰囲気に浸る。

b0149197_1948478.jpg
b0149197_19482421.jpg
b0149197_19483420.jpg


途中、浅草特有のあげまんじゅうやら人形焼やらに”つい”手を出してしまった。
空腹で鰻をたべるべきかと一瞬悩んだが、気づいたらすでに口の中が甘ったるーい感じに。

b0149197_19485199.jpg
b0149197_1949027.jpg
b0149197_1949894.jpg
b0149197_19491743.jpg


そして、ついにお目当ての鰻屋に到着!本当は行きたかったとこは別のとこだが
なぜかお店が閉まっていたので、急遽、お店を変更。

行ったのはこちら!
「鰻 やっこ」
http://r.gnavi.co.jp/g201800/

勝海舟やジョン万次郎が来たらしいが、はたして本当だろうか?(宣伝文句のような気が。。)中に入ってみると、大正浪漫の趣が漂う店内は、まだ17時過ぎだったので、人がまばら。座っているのは老夫婦や地元の人たちばかりのようで、あまり観光客らしき人は見当たらないのが良かった。お店の仲居さんは、みんな着物で、琴の音が流れてゆったりとした雰囲気。

b0149197_19493694.jpg
b0149197_1949449.jpg


肝心の鰻は、備長炭で焼かれていて、蓋を開けると中から、ふんわりした鰻が出てきた。いやーなかなかに美味しかった!肝吸いをつけて、一人2100円程。けっこう値段もお手頃で、それなりの鰻を食べたい方にはおすすめです。

鰻だともっと高くて美味しいお店も他にあるだろうが、ここだとお店の雰囲気も趣があるし、それでいて、観光客目当ての若者があふれるような感じじゃなく、落ち着いた雰囲気なので、それなりにCSも高い。コースや懐石にするとお値段は張るが、これならたまには食べに来れそう。

b0149197_19495150.jpg

[PR]
by hiromasa825 | 2008-09-23 20:09 | お店の紹介

お祭り

b0149197_2051254.jpg


最近はだいぶ涼しくなってきた。なんせ、夜寝苦しくないのがうれしい。
天気が悪いのが玉に傷だが、早く秋晴れにならないかな。

秋になるとむしょーに祭りに行きたくなる。広島でも毎年
お祭りに行ってたし、京都でも葵祭とか有名どころは行っていた。

お神輿でわっしょいわっしょいやるのもいいが、僕は神社のお祭りが好きだ。
地元の人たちばかりのお祭り。地味だけどなんか風情がある、あの雰囲気。

東京でお祭り行くならどこだろうか。
いいのがあったら浴衣着て行きたい。
ただいま探索中。
[PR]
by hiromasa825 | 2008-09-19 21:04 | 今日の所感
b0149197_19595450.jpg


銀座に行く機会があったので、H&Mというお店に行った。けっこう話題になっているお店らしい。デザインはブランド路線で、価格はユニクロ並みというこのお店。新聞やテレビなどのメディアでもけっこう取り上げられている。広告の見た目はGAPに近いかな。
http://ginza.keizai.biz/headline/768/

行ってみると、オープンの翌日の午後に行ったのに、入店規制をしていて行列ができていた。その数、500名くらいだろうか。

b0149197_2025960.jpg


こういう行列に並ぶ人たちの感覚がわかりましぇん。当日並ぶのは断念した。

おそらく500名くらいで、あのペースだと入店までに数時間はかかる。しかも、入っても買い物になるのかな。行列が出来すぎで、当日はけっこう気温が高かったので、店員さんが必死でお水を配布していた。大変だなあれは。


こういうのって、正月に福袋やセールに並ぶ感覚といっしょなのだろうか。

でも、なんか違うような気がする。自分は正月の恒例セールでデパートに友人と並んだりするが、それは並んでいる間に、どこの売り場を攻めようとかを考えるのが楽しかったり、あとは、買った商品もセールでお得感があるし、商品自体も限定商品だったりする。

でも、H&Mは違う。iPhoneとかもそう。別に限定商品などないし、そもそも欲しいものがあるか分からないし、iPhoneなどは、もう買うものも決まっている。わざわざ並んで買わなくても、1ヵ月後でいいじゃん!と思ってしまうのだ。

じゃあ、H&Mは限定商品など存在したのかどうか、ということだが、実際はどうやらあったらしい。厳密には商品ではないが、限定500名様のTシャツとのこと。Tシャツ?数年後にユニクロに近い感じになりそうな企業の限定Tシャツ。残念ながらあまり欲しくないかんじです。今後プレミアが出るのだろうか。

以上、悪口を言い過ぎたと反省しつつ、お前の正月デパートも目くそ鼻くそだろ、というつっこみもかわしつつ、H&Mに興味はあるので、また行列のできていないときにでも行ってみようと思う。当日並んで入った人には申し訳ない。

ということで、当日は銀座でケーキ屋さんへ。

b0149197_20361176.jpg


お店の1Fは普通の小奇麗なよくあるタイプだが、地下に案内されてそこはバーカウンターみたいなところだった。ちょっと変な感じだったが、ケーキは普通に美味しかった。特にマロンの方。

b0149197_20361870.jpg


b0149197_20515875.jpg

[PR]
by hiromasa825 | 2008-09-17 20:49 | お店の紹介

こころを平安に保つ方法

「こころを平安に保つには、努力して、汗かいて、必死で頑張っていなければいけない」
が僕の持論。

逆説的だが、「こころの平安」と「頑張っている状態」は共存する、と勝手に思っている。

平安に保つ目的は何かって言うと、その状態の方が、単純に頭が良く働くからだ。僕自身、普段はぜんぜんダメだが、半年か1年に一回なんか閃く(ひらめく)時がある。(他の人にとっては大した発見でないかもしれないが。。)

おそらく、ずっと課題として持っていて、もやもやしていたものが何かの拍子に、点がつながって一本の線を形成するようなイメージ。ちなみに昨日はそんな日で、自分がやっている事業について、ずっと考え込んでいたものが、ぱーと開けた感じがあった。でも、それはふと電車を降りて、道を歩いて考え事をしている時だったので、不思議なものだ。

そして、思いついてみると、かなりシンプルで、色んなものがそぎ落とされたような考え方(発想)だったりすることが多い。普段は自分の雑念やプライドが邪魔して見えなくなっているんだろう。

人間は、自分が頑張れていない状態の場合は、往々にして、自分に自信が持てない。そして、他人に優しくもなれない、自分に精一杯なので。特に僕の場合だけかもしれないが、仕事に対してやらされ感いっぱいの時だったり、忙しくてパツパツの時は、だいたい、心が定まってないというか、平常心を失う。

逆に、頑張ってるとき(特に、その結果、実績がついてきたり、何かの困難を乗り越えた時)なんかは、良い精神状態になって、ひらめきも生まれやすい。

グッドコンディション形成のためには、平常心・自信といったものを意識的に作っていくべきで、そのためには、やはり目の前のことに必死に取り組むのが近道なんじゃないかと。で、まずはそこで、小さい成果を積み重ねたり、一つ一つの活動を大事にしていくこと、が大事なんじゃないかと思う。

ビジネスマンは常に、自分の気持ちのコントロールだな、なんて考える。
[PR]
by hiromasa825 | 2008-09-12 20:41 | 今日の所感

もんじゃ

普段忙しくて、みんな部署も違うので、時間合わせて食べられないんだけど、ふと同期メンバーに声をかけたら、今日は行けるとのこと。でも、普通にいつものお店で食べるのも飽きてきたので、高田馬場の新オフィスで、散歩がてら探そうということに。

最初は、ソウル家という韓国料理にお店に行こうとしたが、夜は焼肉になっちゃうとのこと。気分的に違うってことで、もう少しあるくことになった。すると、メンバーの一人が、もんじゃ焼きを発見!

もんじゃ 寿々音

http://www.monja-suzune.tokyo.walkerplus.com/



もんじゃはいいねー。広島人なので、当然僕にとって、お好み焼きははずせない。
でも、もんじゃは作るのも食べるのも楽しい。みんなでわいわい食べるのにはいいね。

b0149197_22141827.jpg


あと、海鮮盛りも注文。えび、ほたて、いかをもやしと一緒に傷めて、バターとしょうゆで味付けする。そして関西風お好み焼きも追加。(奥のやつね関西風は。完成形を写真撮るの忘れてた。。)

b0149197_22151060.jpg


3人で食べて、2100円、安い!しかもオフィスから近い。味は、それなりに美味しい。(もんじゃだから、作り方間違えなければそんなに不味くなるわけないが)。お店の換気がうまく行ってないので、あれだけ直して欲しいけど。

これから冬になるので、ちょくちょく行くかもね。
今日はお酒飲まなかったので次回はビールをつけて。
[PR]
by hiromasa825 | 2008-09-11 22:21 | お店の紹介