当面の目標が見つかった今日この頃。このブログを通じて、成長の軌跡をレポートできればと思います。


by hiromasa825
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

夢と現実解

ある事象が世の中に認められるためには夢を語ることが必要だ。だが、それだけでは足りない。そこには完成度の高い現実解とそれを実行する強い意志が感じられなければならない。
※ここでいう現実解とは、妥協案という意味でなく、現実に取りうる自分の中での最上級の解決方法。

夢は尊く、人間が生きていくためには必要だと思う。大きな夢でなくて良い。小さな目標でも良い。それがないと、目先の利益や幸福のために生きることになる。

もちろん今が幸福ならそれでよいという生き方もあるだろう。自分が心底そう感じることができるならそれでよい。しかし、長期的な目標を描く、というストレスや葛藤を乗り越える努力からの「逃げ」であれば話は別だ。それは、信じることとは別のことをしている、ということだからだ。

何かを信じれるならそれでいい。しかし、信じることと逆の行動を取っている限り、日々のエネルギーは絶対に沸いてこないのだろうと思う。「本当はこうした方がいいのかもなぁ~」と思っている限り、なんにも変わらない。そうやって年を取っていくだけだ。命なんて儚い。

生きることは楽しいことであり、時として辛いこともたくさんある。楽しいことばかりの方がおかしいのだ。辛いことを乗り越えるには、現実解を描く努力と、自分がいま対峙しているものと戦おうという、ある種の”覚悟”が必要だということを最近とても思う。

自分のまわりの身近な人がどうとか、親がどう考える、なんて二の次でいい。自分の精神的な健康と自信を保ち、前向きに生きて行きたいなら、周りの雑音に耳を傾けている暇はない。人の悪口を言ったり、足を引っ張っている暇もない。自分を大きく見せようとする必要もない。

自分の人生なんだから、自分が判断して決める。それが大事。

どこかの外資系の会社の社長さんがこんなことを言っていた。
『自分が正しいと思うことをする。それが一番大事。』

周りに振り回されないように、しっかり自分の心と向き合う。
そして、着実な努力と少しばかりの情報収集への前向きな姿勢さえあれば、
何か事を成すのには十分なんだろうなと思う。
[PR]
by hiromasa825 | 2008-10-10 13:02 | 今日の所感