当面の目標が見つかった今日この頃。このブログを通じて、成長の軌跡をレポートできればと思います。


by hiromasa825
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

仕事観と営業スキル

「擦り合わせ」思考力 (PHPビジネス新書)

辺見 芳弘 / PHP研究所

スコア:



「良いこと・楽しいこと」、この2つが満たされるものを仕事にする、というのは誰でにでも分かりやすい視点ではないかと思う。

実際そんな仕事はあるかは別として、そういった自分独自の条件を持って、仕事を選んでいく姿勢が大切というのは、とても分かる。著者自身、仕事は長期間続けられるものを選んできた、という仕事観から来るとのこと。

あと世の中の動向は、大きな視点で追いかけて、その因果関係や共通項を感じ取れるようにしておくと、のちのち自分の中にフレームワークができてよいかもしれないと思った。

1年の目標を20分で達成する仕事術

林 正孝 / 大和書房

スコア:



営業についてはもう一度整理して自分の中で、何が大切かを意識して、何冊か読みたいと思っている。最初は良く分からなかった営業が、だんだん分かってきて、また分からなくなって、という感じだが、やっと最近気付いたのは、「顧客価値」「スピード」「誠心誠意」が大切だということ。

営業スキルは一生極められるものではないし、大切な要素はビジネスマンとしてとても基本的な部分なので、自分自身関われて幸せだと思う。これからも磨き続けたいスキルだが、本書を読んで、またその思いが一層強くなった。

バンジージャンプの話、ミグ戦闘機の搭乗体験など、著者ならではのエピソードも面白く、視点の転換や体験がいかに重要かを痛感できる内容だった。本書は仕事術、と釘打ってるものの、テクニックでなく、視点にフォーカスしているので、他の営業本と比べても共感出来る部分が多い。

ただし、個別の交渉術やプレゼン手法が載っているわけではないので、それらは別途、学び、経験し、体得していかないと身に付かないだろう。
[PR]
by hiromasa825 | 2009-03-03 11:50 | 本の紹介